超音波欠陥検査機 非接触式超音波スキャナー

超音波透過による非接触検査で、ワーク内部の気泡・剥離・異物を探知
ヤマハ製超音波アンプコンポーネントを搭載し、空気中での非接触検査を実現。
ワークを傷つけたり濡らしたりせずに、包装の不良や気泡、欠陥の深さまで検査が可能です。

非接触式超音波スキャナーの特徴

超音波を使用した非接触・非破壊・乾式の検査で、ワーク内部の気泡や剥離、異物を検出

フォーカス超音波を検査部に送信すると、異物や剥離の箇所で超音波の透過量が低下し、検査画像上に影となって表示されます。その画像上の影の部分をしきい値で検出して判定します。

超音波検査機 模式図

[画像]超音波検査機 模式図

超音波透過イメージ

[画像]超音波透過イメージ

適用事例紹介

[画像]適用事例紹介

リチウムイオン電池の電解液含浸検査が可能

電解液を真空注入後、気泡が残留していると、その部分が抵抗になり、発熱→さらなる気泡発生→発熱というループになると考えられている。また、電池の性能が上がらない原因の一つとされている。超音波式検査で内部を非接触で検査し、気泡による不良を検出可能。

対象ワーク

ワークイメージ/ワーク名 詳細 推奨マシン
[画像]リチウムイオン電池

リチウムイオン電池

パウチ内部の残留気泡検査/含浸検査 SST-304/SST-304C
熱ヒートシール部の欠陥検査 SST-001
タブ溶着の性能評価 SST-102
欠陥深さ評価 SST-304/SST-304C
[画像]アルミラミネート

アルミラミネート

包装ラミネート不良検査 SST-304/SST-304C
[画像]パウチ熱ヒートシール

パウチ熱ヒートシール

圧着欠陥検査 SST-001
[画像]パウチ熱ヒートシール

多層フィルム

接合検査 SST-304/SST-304C
複合材欠陥検査 SST-304/SST-304C
硬化度測定 SST-304/SST-304C
 

CFRP

接合検査 SST-304/SST-304C
複合材欠陥検査 SST-304/SST-304C
硬化度測定 SST-304/SST-304C
[画像]コネクタ類

コネクタ類

圧着欠陥検査 SST-102
※ その他ワークにつきましては、お問合わせください。

導入フロー

  1. 条件ヒアリング
  2. シール方法検討/判定基準の確認
  3. (ワークテスト/条件・法案検討)
  4. 仕様書提示/法案説明/見積書提示
  5. 受注
  6. 制御仕様/メカ仕様
  7. 製作
  8. 立会い/指摘事項改善/搬入・調整

お問い合わせ

TEL : 053-467-3601(FA事業部代表)