ヤマハファインテック株式会社

YAMAHA

製品情報

仕上げロボット(バリ取り・研磨加工)熟練工の技を継承するバリ取り・研磨装置

楽器製造で培った仕上げノウハウとヤマハ独自の機構を搭載した仕上げロボットと周辺機器を組み合わせ、ロボットに熟練工の技を吹き込みます。

1981年 ロボット開発開始
1987年 λ-Iロボットが科学技術庁より表彰
2002年 FANUC社と業務提携

仕上げ加工を熟知した専任チーム、システムアップ設計チームが仕上げ品質、タクトタイム、消耗工具コスト、投資効果など、お客様からのきめ細かいご要望にお応えします。

  • 楽器製造で培った仕上げノウハウ
  • 独自のツール機構
  • FANUC社との連携

製品ラインナップ


  • YFTの仕上げロボットシステム

    ヤマハファインテック独自のツール機構と仕上げ適応制御の特長をご紹介します。

  • 導入フロー

    仕上げロボットの受注から設計・製作・納入までの流れをご案内します。

  • 対象ワーク例

    対象ワーク例としてこれまでに加工した製品をご紹介します。

    • 自動車
    • オートバイ・自転車
    • タービン
    • 電気・電子
    • 精密機器
    • 工作機械機械部品工具・刃物
    • 家庭用品住設機器
    • スポーツ医療機器・その他
  • 製品サンプル動画

    ヤマハファインテックの仕上げロボットをよりご理解いただくためのサンプル動画をご覧いただけます。

工場見学

弊社の設備についてお客様に評価テストをしていただくため、デモルームを設置しています。お気軽にお問い合わせください。

カタログダウンロード
仕上げロボットシステム総合カタログ

仕上げロボットシステム総合カタログ(2.87MB/PDF形式)

仕上げロボットシステムに関するお問い合わせ

仕上げロボットシステムに関するお問い合わせ先をご案内します。