ヤマハファインテック株式会社

YAMAHA

水素リークディテクタ
漏れ・ひび割れ検査装置

水素リークディテクタ

低濃度0.5ppmから高濃度13,000ppmまで検知可能な高分解能

ヤマハ独自開発のMEMS水素センサーを搭載し、低濃度から高濃度まで一台で検知する高分解能を実現。
卓上型とハンディタイプをご用意しています。

対象ワーク
エンジン

エンジン

吸排気

吸排気

エアコン

エアコン

YFTの水素リークディテクタとは?

1

ヤマハ独自のMEMS水素センサーを採用

ヤマハ独自のMEMSセンサーで高分解能検知が可能。低濃度(0.5ppm)から高濃度(13,000ppm)まで対応します。

2

1秒以下の素早い立ち上がりと復帰を実現

高スループットの検査で測定後の復帰が早く、次の検知に素早く移ることができます。

3

危険を素早く察知し警報

水素濃度が13,000ppmを(=1.3%)を超えた場合、「危険」メッセージを表示し、警報を出して測定を中断します。

4

リアル測定

同一濃度雰囲気中でも水素がある限りその検出値を表示。高濃度水素でのリニアリティの悪化や、出力の飽和がありません。

お問合せ
TEL : 053-467-3601(FA事業部代表)
FAX : 053-467-3613
ウェブからのお問い合わせ