ヤマハファインテック株式会社

YAMAHA

基板検査装置
導通・絶縁検査装置

マイクロプローバーFPC/リジッドフレックス 向け

MR612 DM5S/M5S
610x510mmの大判シート対応

多ピン、高速検査に加え、各種特殊検査機能にも柔軟に対応。
納入後の自動搬送機追加も可能。

MR612 DM5S/M5S
対象ワーク
フレキシブル基板
 リジットフレックス基板
ファインピッチ 両面・多層基板
ファインピッチ
両面・多層基板
高密度両面・ICサブストレート基板
高密度両面・
ICサブストレート基板
フレキシブル基板
フレキシブル基板
リジッドフレキ基板
リジッドフレキ基板
最大ワークサイズ
X610xY510mm
最大治具
回転時:φ200mm
ワーク搬送
供給:手動
 排出:手動
参考動画
カタログ請求

プレシジョン
マシン
マイクロプローバーカタログ

外形寸法
MR612 DM5S/M5S
外形寸法
スペック表
モデル名 MR612
型式 MR612-DM5S MR612-M5S
検査対象 対象ワーク フレキシブル基板 リジッドフレックス基板
ワークサイズ X:70~610mm
Y:150~510mm
検査能力 最大検査可能範囲※1 ワーク四隅から7.5(X) x 9.0(Y)mmを除いた範囲
最大検査冶具サイズ 回転時:φ200 mm
非回転時:275x100 mm
回転時:φ200 mm
非回転時:250x100 mm
最大検査ポイント数 上ヘッド:2,046 ポイント
下ヘッド:2,046 ポイント
上ヘッド:1,534 ポイント
下ヘッド:1,022 ポイント
位置決め精度※2 ±5 μm
検査仕様 判定方式 導通/絶縁(判別抵抗値に基づくOK/NG判定)
導通検査※2 検査判定値:2端子検査 10Ω~10kΩ(10mA、40mA)
4端子検査  1mΩ~500Ω(100mA)
開放電圧 :15V~50V
判定制度 :2端子検査 ±10%(50Ω~10kΩ)、±5%(10Ω~50Ω)
4端子検査 ±10%(10mΩ~500Ω)
絶縁検査※2 検査判定値:100kΩ~100MΩ
開放電圧 :50V~250V
判定精度 :±10%
加熱検査※2機能 可※3
ワーク搬送 供給 手動
排出
画像処理 カメラ視野 2.4(X)X1.8(Y)mm(標準)
パターン検出 グレースケールによるパターン認識
照射方式 透過照明、反射照明
ハードウェア インターフェース LAN・USB
ディスプレイ タッチパネル付き15インチ液晶ディスプレイ
ソフトウェア OS Windows7
生産支援機能 自動時具補正、検査結果log出力、自動リトライ検査、
治具ストローク数カウント
使用環境 本体重量 約1,750 kg 約1,400 kg
電源 単相AC180~240V 50/60Hz 6kVA
ドライエアー 0.5 MPa

※1 実際の検査範囲は冶具形状、把持範囲等による

※2 弊社性能試験にて

※3 オプション扱いで追加可能

お問合せ
TEL : 053-467-3601(FA事業部代表)
FAX : 053-467-3613
ウェブからのお問い合わせ

ページの先頭へ