ヤマハファインテック株式会社

YAMAHA

サポート・お問い合わせ

よくあるお問い合わせ

お客様からいただくよくあるお問い合わせをご紹介します。お問い合わせの前にぜひご活用ください。

【プレシジョンマシン(フィルムパンチャー/トリムパンチャー/マイクロプローバー/プレーサー/フィルムプレーサー/トレイセッター/PCBプレーサー/スクライバー)に関するよくあるお問い合わせ】
【ヘリウムリークテスタに関するよくあるお問い合わせ】
【仕上げロボットに関するよくあるお問い合わせ】

プレシジョンマシン(フィルムパンチャー/トリムパンチャー/マイクロプローバー/プレーサー/フィルムプレーサー/トレイセッター/PCBプレーサー/スクライバー)に関するよくあるお問い合わせ

カタログが欲しいのですが。

現在、ダウンロードできるカタログは用意しておりません。誠に申し訳ありませんが、FA営業部プレシジョンマシングループにお問い合わせください。

プレシジョンマシングループのお問い合わせ先はこちら

価格が知りたいのですが。

国内は商社経由、海外は販売代理店経由でお見積もりいたします。
FA営業部プレシジョンマシングループにお問い合わせください。

プレシジョンマシングループのお問い合わせ先はこちら

実装機を検討しているのですが。

実装機のご要望ありがとうございます。
残念ながら、実装機を製造・販売しているのはヤマハ発動機(株)のIMカンパニーであり、弊社とは別会社となっております。
お手数ですが直接お問い合わせください。

ヤマハ発動機(株)のIMカンパニーのお問い合わせ先はこちら

ヘリウムリークテスタに関するよくあるお問い合わせ

検査対象製品として、どのようなものがありますか?

アルミホイール、ガソリンタンクなどの自動車関連部品、ドラム缶、ガスボンベなどの缶・タンク関連、その他にもお客様の仕様に合わせ、さまざまな製品を検査対象物としています。
詳しくは対象ワーク例、製品の導入に関するお問い合わせ先をご覧ください。

対象ワーク例の詳細はこちら
リークテスタグループのお問い合わせ先はこちら

Heリークテスタ導入までの流れは?

生産ラインシステムの漏れ検査機として、お客様からの受注後、設計・製作・据え付け・調整まで一貫してご提供します。
詳しくは対象ワーク例、製品の導入に関するお問い合わせ先をご覧ください。

対象ワーク例の詳細ははこちら
リークテスタグループのお問い合わせ先はこちら

仕上げロボットに関するよくあるお問い合わせ

ヤマハ仕上げシステムの強みは何ですか?

100年以上の歴史を持つ、ヤマハの楽器仕上げのノウハウを活かした、仕上げ専用適応制御とツール駆動機構により、ありとあらゆる製品の仕上げを可能にします。

詳しくは仕上げロボット(バリ取り・研磨装置) 製品ポリシー・ツールポリシーをご覧ください。

ファナックの市販ロボットを採用しているのですか?

ファナックのロボットですが、ヤマハオリジナルにカスタムメイドされたモデルになっております。仕上げ専用に共同開発された操作性向上ソフトがインストールされており、教示時間を短縮することができます。

ツールヘッドだけ購入することは可能ですか?

ロボットやツールヘッド等の部分販売はしておりません。ロボットシステムとしてのみ販売しております。

詳しくは仕上げロボット(バリ取り・研磨装置) 汎用標準モデルをご覧ください。

どのように商談を進めていくのですか?

まずは加工対象製品をお見せいただき、仕上げ構想案を練ります。その後、実際にロボットを使用してテストを行い、品質承認をいただいた後、仕様を詰めていきます。

詳しくは仕上げロボット 導入フローをご覧ください。

概算見積もりと納期を教えてください。

お客様の製品ごとの要求品質により仕様が大きく変わるため、テスト後の品質確認を終えてみないと、概算見積もりをお伝えすることができません。納期はロボットの在庫状況により変わりますので、その都度お問い合わせください。

ページの先頭へ